ご注文方法お問い合わせ

栽培の過程

シンビジウムは苗の移植から出荷まで約3年の期間を要する非常に手間暇のかかる鉢花です。
それゆえ高級花の代表ともいえます。
時間を掛け丹精こめて栽培したシンビが出荷を迎える最終年ともなると、温度管理には特に神経を使います。
花芽の着いたシンビは温度変化に非常に敏感で、気温の高い状態が続くとせっかく着いた花芽が死んでしまうからです。
その為、この年の夏は、「山あげ」という独特の方法でシンビを避暑地に移転します。
そうして夏を乗りきり、秋には又、細心の温度管理で出荷に備えます。

愛情こめて育てています

1. これがシンビジウムのメリクロン苗で、これからおよそ3年間、 愛情を込めて栽培して始めて皆さんの元へと届くのです。

 

2. 苗の移植風景です。


3. 幼苗を導入して3ヶ月。
これから1年間が栽培期間3年間の中でも最も大切なステージ。

 

4. 最後の移植を待つ、 導入後1年数ヶ月の苗。
ここまで、何のトラブルも無く、 順調に育てば少し安心。 でもまだまだ先は長い、あと2年。

5. 最終年に入った7号鉢植の株。
これから1年弱で、一気に大きくなります。最後のツメを怠らない様あと3分の1、ない知恵を搾りに 搾って勘を頼りにそして、有り余る体力を十分に使って頑張ります。

 

6. 3年目の夏を迎える頃、お歳暮需要に合わせる為 促成栽培したシンビは自然条件にあったものより一足早く花芽を見せます。
でも、花芽は暑さに非常に弱いので多くの生産農家は 高冷地に移動させ暑さから回避します。
これを「山上げ栽培」と言います。

7. 当園では同町内の四国カルスト大野ヶ原の裾野標高700mの場所に山上げ栽培場を構え、7月から8月にかけ花芽を見せたものから順に移動していきます。
この作業は体力勝負で大変な作業ですが涼しい山に着くと気分がリフレッシュします。

 

8. さあ、いよいよ暑さも過ぎ、3年間待ちに待った最後の秋がやってきました。
10月に入ると花芽が伸び始めたシンビたちをハウスに戻します。 ところが、この秋の気温の変化を予測しながらの作業で3年間の中で最も神経を使います。

9. 安全運転でハウスまで戻ってきました。
さあ、がんばって荷を降ろしましょう。あと、120ケース!

 

10. 出荷まで後1ヶ月。3年間もかけて栽培すれば、娘が嫁ぐ直前の心境!?